印刷の種類と特性について

カテゴリ:

オフセット枚葉印刷

現在の印刷方法のなかで最も一般的と言える印刷方法で、印刷機に一枚一枚がばらばらになっている枚葉紙をセットして印刷を行っていきます。
機械によってさまざまな紙の大きさで印刷ができ、インクの種類や色の数が変わってくるため、少ない枚数を印刷する場合に向いています。

オフセット輪転印刷

印刷機にロール状の紙をセットして印刷する方法で、枚葉印刷よりスピードが速く、連続で印刷できるのが特徴です。
一度で長い紙に印刷するので、大量に印刷を行う必要のある新聞や折込みチラシ、書籍などに用いられる方式です。
この場合、印刷後に折りや裁断などの加工を行います。

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷はオフセット印刷と異なり、版を作る必要がなく、パソコンで作成したデータを直接読み取って印刷する方式です。
依頼者がパソコン上で作ったデザインをそのまま気軽に利用できるのが魅力です。
少ない部数で種類が多岐にわたる印刷物を印刷するのに向いています。
また、オフセット印刷にある工程が一部省略できるため、その分短期間で作成が可能です。
ただし、再現性でいえばオフセット印刷に劣ってしまうため、細部にこだわった印刷物の場合は向いていません。

お問い合わせはこちら 組み合わせは自由自在 サービス・ラインナップ ご注文ガイド 仕様・オプション

TEL : 0120-008-810

平日 9:00~17:30(土日祝休み)