挨拶状の書き方まめ知識

カテゴリ:

一般的な形式で十分

最近は目立ちたい、個性を出したい、手に取って楽しめるものがよいなどとオリジナル性の高い挨拶状や変わったデザインや文体のものを書こうとする方も少なくありません。
目的や用途にもよりますが、挨拶状の基本は相手にとって理解しやすく、なんの挨拶なのかスッとわかることです。
相手にとってわかりやすいことが一番で、とくに企業名で出す挨拶状であれば儀礼的な内容で十分です。 わかりやすい文章の書き方

わかりやすい文章の書き方

一文が長すぎると読みにくくなるので、余計な修飾語を使わず、主語と述語がすんなり相手に伝わる短い文章を心がけましょう。
会場やスケジュールなど伝えたい内容が多い場合などは、「記」としてまとめて書くだけでもスッキリします。

必ずチェックを行う

挨拶をするわけですから、相手に対して失礼がないかを入念にチェックしなくてはいけません。
誤字脱字やわかりにくい文章になっていないか、念入りに読み返すだけでなく、日時や場所などの記載、相手の会社名や部署、宛名の漢字や役職などを間違えていないか、しっかりチェックをしましょう。

お問い合わせはこちら 組み合わせは自由自在 サービス・ラインナップ ご注文ガイド 仕様・オプション

TEL : 0120-008-810

平日 9:00~17:30(土日祝休み)