暑中見舞いと残暑見舞いを切替るタイミングはいつなのか?

カテゴリ:

日本の伝統的な習慣の夏の挨拶状

暑中見舞いや残暑見舞いは、暑さが厳しい季節に送る挨拶状で、古くからある日本の風習となっています。
友人や知人やお客様などに、挨拶状を送り、相手の安否を伺ったり、自分の近況を報告したりします。
どちらも送る時期が夏であるため、切り替えるタイミングをいつにすべきかで迷われてしまう方もいらっしゃることでしょう。

暑中見舞いと残暑見舞いの切り替えは立秋を目安にする

暑中見舞いは梅雨が明けてから立秋前までに送り、残暑見舞いは立秋から8月いっぱいくらいまでに送るのが一般的となっています。
そのため、暑中見舞いと残暑見舞いの切り替えるタイミングは、立秋が目安です。
立秋は8月7日頃で、暦のうえでは秋となります。
立秋が過ぎると、いわし雲が現れたりなど、少しずつ秋らしく季節が変化していくのです。
8月の初旬になったら、暑中見舞いではなく、残暑見舞いを送るようにしたほうがよいでしょう。
立秋を過ぎて、9月になってもまだまだ暑い日もありますが、残暑見舞いは8月中に送るようにしなくてはなりません。

お問い合わせはこちら 組み合わせは自由自在 サービス・ラインナップ ご注文ガイド 仕様・オプション

TEL : 0120-008-810

平日 9:00~17:30(土日祝休み)