封筒で案内状を送るときのマナー

カテゴリ:
封筒で案内状を送るときのマナー

案内状を封筒で送るにはマナーがある

大切な案内状ほど、封筒に入れて送るのがマナーです。
その際に知っておくべきもっとも大事なマナーが、封をするという作業です。
案内状を封筒に入れて送るとき、ともすれば取り出したときにどちらが上を向いているべきかなどに注意を向けがちですが、実はもっとも大事なのは封をするということにあります。

封をすることに意味を持たせている

公的文書や案内状を送るにあたって封をするのがもっとも大事な理由は、相手が受け取ったときに開封されていないことを証明する必要があるからです。
そのために用いるのが封緘(ふうかん)で、封をした封筒の部分に印や文字を書きます。
よく使われるのが〆という文字ですが、書き慣れていないと意外と難しいものです。
そのため、もともとの締という文字が簡略化されていることから、〆ではなく締と書くのがいいでしょう。

大事な案内状は特に慎重に

ビジネスの場合には〆でも使えるとは言うものの、簡略化された文字のため、軽い印象を与えるのは否めません。
そのため、緘と記すのが適しており、大事な案内状ほどきちんと封緘を行うことが重要なマナーです。

お問い合わせはこちら 組み合わせは自由自在 サービス・ラインナップ ご注文ガイド 仕様・オプション

TEL : 0120-008-810

平日 9:00~17:30(土日祝休み)