令和の時代にこころに残るキャッチコピー

カテゴリ:
令和の時代にこころに残るキャッチコピー

昭和から平成の時代に期待されたこと

昭和から平成へと変わったときには、天皇崩御ありきの元号変更ということもあって、粛々と行われたという印象が強いのが特徴です。
けれど、平成から令和への元号変更は、200年ぶりに今上天皇が御座します間に行われたとあって、祝賀ムードに満ちています。
昭和から平成へと変わるときにもっとも期待されたことは、戦争という悲惨な体験を経た昭和とは違い、平成が平和な世となることでした。

平成から令和へ期待されること

平成の30年間には日本を巻き込む戦争こそありませんでしたが、世界は常にテロとの闘いが続き、現在も変わりません。
一方で日本国内は甚大な自然災害が相次ぎ、平成という言葉とは裏腹に苦悩に満ちた30年だったと言えるでしょう。
そんな平成から令和に移るこれからの時代に、こころに残るキャッチコピーにするには、前向きな気持ちになれたり、明るい面に目を向けられたりする要素を盛り込んだものにする必要があるのは明らかです。
平成から令和になっても、突然生活が変わるわけではありませんが、明るいキャッチコピーが人々に勇気を与え、令和の時代を振り返ったときにこころに残るキャッチコピーが生まれていることでしょう。

お問い合わせはこちら 組み合わせは自由自在 サービス・ラインナップ ご注文ガイド 仕様・オプション

TEL : 0120-008-810

平日 9:00~17:30(土日祝休み)