ユニバーサルデザインてなに?

カテゴリ:

ユニバーサルデザインとはなにか?

ユニバーサルデザインとは文字通り、障害の有無や学力や運動能力、そして言葉や文化や人種や性別、そして年齢や育った環境等に関わらず、誰もが平等に安心して使える設計を指します。
7つの原則が定義づけられており「製品や設備の使い方が感覚的に理解できる点」や「ユーザーがケアレスミスをすることを予め想定しておく点」、「老若男女問わず公平に使用できる点」などが満たされていなければいけません。
しばしばバリアフリーと混同されますが、ユニバーサルデザインは障がい者と健常者、分け隔てなく文字通り世界中のすべてのユーザーを想定した仕様を目指すものです。
具体例としてはスマートフォンやタブレットでお馴染みの絵文字、パソコン画面や町で見かけるアイコンや道路標識などです。
文字ではなくイラストで分かりやすく構成された家具の組み立て説明書なども代表的な事例となります。

多様性が求められる現代だからこそ

外国人観光客の増加や海外から訪れる労働者の増加、そして個人の価値観が多様化してきました。
ユーザー1人ひとりの見方や能力、ハンディキャップ等も多様化しているため、みんなが直感的に使えて、安心安全な設計で構成された印刷物や案内表示の必要性が以前にも増して高まってきました。
絵文字や分かりやすいイラストで構成されたマニュアルは、老若男女、育った文化や言語の壁を乗り越えてエンドユーザーに正しい使い方を直観的に伝えられるのです。

お問い合わせはこちら 組み合わせは自由自在 サービス・ラインナップ ご注文ガイド 仕様・オプション

TEL : 0120-008-810

平日 9:00~17:30(土日祝休み)